RI2650地区

会長挨拶

  • HOME »
  • 会長挨拶

 

所 信

大和郡山ロータリークラブ

2018~19年度 会長 廣葉重典

 

この度、会長という大任を仰せつかりました。クラブの舵取りを行う立場となり、果たして私が重責を担うことができるのかという不安、戸惑いがありますが、事ここに至りましては、身を引き締め鋭意努力する所存であります。

さて、バリー・ラシン本年度RI会長のテーマは<インスピレーションになろう>、そして中川基成第2650地区ガバナーのテーマは<ロータリーを学び、実践し、発信しよう; Enjoy Rotary>であります。中川ガバナーは「皆様には、歴史に裏打ちされた世界に広がるロータリーの価値や素晴らしさを正しく理解して、社会や世界に対して新しい息吹を吹き込み、ロータリーをともに楽しんでいだだきたい。地区運営として学び、実践、発信の3つの観点から、世界に良い変化をもたらすために皆様とともにロータリーの価値を共有し奉仕する人々の輪が広がり、それぞれのクラブが柔軟に個性を発揮して活性化し一層活躍されるようにお手伝いをしていきたい」と述べておられます。

至言であり、時宜を得たテーマであると感じております。識見に富む中川基成ガバナー、中窪啓司ガバナー補佐、そしてパスト会長会の皆様のご指導を賜りながらクラブ運営を進めて参りたいと存じます。

大和郡山RCは創立以来50有余年、地域の奉仕活動の発信機関として、様々な活動を行ってきました。同時に職業奉仕という理念のもと会員の人間形成に貢献してきたことは言を俟ちません。礎を築かれた先人の方々に深く感謝申し上げると共に、その歴史を連綿と引き継いで行かなければと願っております。今後も会員の人間形成に真摯に取り組み、そして地域社会の課題に心血を注ぎ、クラブの歴史に新たなページを刻むことができればと存じます。

本年度、取り組まなければならない課題、テーマを下記に掲げました。

・会員基盤

クラブ活性化の源泉は会員基盤です。近年クラブをあげて会員増強に取り組んでいますが、依然として厳しい状況です。人口減少、個人の価値観の変化等、社会の構造変化に依るものですが、このような時代の潮流に抗い、活発な議論と行動を通じて会員増強を果たして参りたいと存じます。地域の実情に沿った会員基盤を築くため、職業分類再調査を実施して、会員3名の純増、女性会員1名の純増を目指したいと考えております。また老壮青のバランスを考えた増強計画が必要なことは言うまでもありません。

同時に退会防止も重要な課題です。楽しいロータリー、やらされ感のないロータリーが必要条件です。例会を楽しいものにするのは勿論ですが、今年度は同好会を活発なものにできないかと考えております。新規同好会、そして同好会のオープン化(地域の方、友人に同好会に参加していただく)により、新たな会員のリソースを得ることができるのではないでしょうか。

・委員会組織及び委員会事業

50有余年の歴史の中で、様々な委員会が形成され追加されてきました。役割が終了し形骸化した委員会を含め従来は25委員会であったものを、今年度思い切って20委員会に集約しました。CLPには及びませんが、各委員会に少しでも多くの人員の配置ができるのではないかと思います。委員会活動の活性化は取りも直さずロータリー活動の活性化であります。委員会活動から積み上げていくボトムアップ型でなければクラブを盛り上げていくことはできません。会長をはじめとするクラブ役員によるトップダウン型では「やらされ感」が漂うのみであります。

前年度踏襲主義ではなく委員会事業の棚卸しをしていただき、価値あるものは継続する一方でニーズに合わなくなった事業は見直しましょう。選択と集中、そして財団補助金を利用した新規事業のご提案を是非お願いします。因みに、本年度は山和副会長に実行委員長をお願いし、子供の心を育てる「昔話読み聞かせ会」の開催と絵本の寄贈を計画し財団補助申請しております。

・IM準備委員会の設置

来年度はIMのホストが予定されています。パスト会長会に人選をお願いし、結果として松本パスト会長に実行委員長をお引き受けいただきました。この準備委員会が大方会長年度にIM実行委員会に移行することになります。創立50周年実行委員会以来の特別実行委員会であります。IMを成功裏に終えるために、皆様の英知を集め、ご協力賜りますことをお願い申し上げます。

以上の課題を踏まえ、今年度のクラブテーマを「再興Make Rotary Great Again」と致しました。直截な表現でありますが、会員基盤の活性化、委員会活動の活性化により、クラブを再興したいという率直な願いであります。

さて、不易流行という言葉があります。不易は変わらないもの、ロータリーで言えば職業奉仕の概念であり、流行は時代のトレンドにより変化していく価値観(例えば広報活動)であります。不易を大切に流行を取り入れる姿勢でないと刻々と移ろう潮流に巻き込まれ生き残ることはできません。

ロータリーは個々を有機的に結びつけた有機体であります。ロータリアンがロータリーそのものであり、ロータリアンがロータリーの歴史を刻むといっても過言ではありません。一人ひとりの異なる価値観、異なる考え方を尊重し寛容の精神を大切に、一期一会の出会いを楽しみたいと存じます。

自今、時代の潮流の中で我がクラブも様々に変化していくことでしょう。しかし創立当初からのクラブメンバーの人間力が健在である限り、更なる発展を遂げていくことでしょう。共に手を携えましょう。知恵を出し合いましょう。そして奉仕と寛容の精神を養い育てましょう。この1年が皆様にとって輝かしいものでありますように。

お問い合わせ先 TEL 0743-64-3811

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 大和郡山ロータリークラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.